毎日の食事で美しくなる♡管理栄養士が語る「美人になる食事」「おブスになる食事」の違い

総合サイト
Sponsored Link
「美人になる食事」って? モテに近づく食材を管理栄養士に聞いてみた
誰もが毎日する「食事」。これを「なんとなく」食べるか、「意識的に」食べるかが美人とおブスの分かれ道!
どれだけスキンケアなどの美容を頑張っても、結局あなたを作るのは「あなたが食べたもの」。そこをないがしろにしていては、美人への道は遠のくばかり。
そこで本日は管理栄養士の篠原絵里佳さんに、美人になるための食事のコツをうかがいました。案外見逃しがちなトピックスの数々、早速チェックしていきましょう♡
【1】お肉を食べてモテ効果アップ♡
女性ホルモンのエストロゲンには、髪や肌のうるおいを保つ効果があります。
そんな女性ホルモンの材料となるのは、お肉や魚・卵・大豆製品に含まれる「たんぱく質」と、お肉に豊富な脂(飽和脂肪酸)から作られる「コレステロール」。そのため、お肉を食べるとうるおいある魅力的な女性に近づけます。
お肉であれば牛・鶏・豚肉のどれでもOKですが、あえておすすめをあげるとするなら、鉄が豊富な牛肉を積極的に食べましょう。
他に美を高めるモテ食材は「納豆」「アボカド」「果物」。
納豆は腸内環境を整えてくれる「発酵食品・オリゴ糖・食物繊維」の要素を兼ね備えているため、腸を美しくするのに役立ちます。
アボカドは質の良い油(オレイン酸)や食物繊維、ビタミンB群。果物は抗酸化ビタミンや食物繊維など、それぞれ美容にい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました