「然々」って読める?「ぜんぜん」ではないんですよ!

総合サイト
Sponsored Link
大好評の漢字クイズからこの問題!あなたはわかりますか?
これまでCanCam.jpに掲載した記事の中から、特に多くの方に読んでいただいた記事を厳選してお届けいたします。今回は、更新のたびに大好評をいただいている漢字クイズの記事の中でも特に多くの方がチャレンジしてくださったあの漢字です!
 
「然々」って読める?「ぜんぜん」ではなく、絶対知ってるあの単語!

世の中には、読めそうで読めない日本語がたくさんあります。
たとえば、
「掠める」(すずめる、ではありません)
「阿る」(ある、ではありません)
「汎用」(ぼんよう、ではありません)
「進捗」(しんぽ、ではありません)
「態々」(たいたい、ではありません)
……など。
読めそうで読めない日本語の数々をご紹介するCanCam.jpの日本語クイズ。本日のお題はコチラです。
「然々」。デジタル大辞泉(小学館)には「然然」という形で掲載されていますが、読み方は同じです。
この日本語、あなたは読めますか? もちろん「ぜんぜん」ではありませんよ。
「然々」の意味は、次のとおり。
「繰り返して言わないとき、わかりきったことをいちいち言わないとき、または必要のないことなので省略するときなどに、その代わりに用いる。かようかよう。かくかく。うんぬん。」(デジタル大辞泉「然然」の項目より抜粋)
「かくかく」のところでピンときた人もいるの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました